「不登校の子ども 親のNG対応3つ」

 

 

入学した頃は元気で登校していたのに…

だんだんと、理由をつけては休むようになったわが子。

 

はじめは、「具合が悪いのね」「どうしたのかしら」と休ませていたのに、

徐々に「いい加減にしなさい!」「何があったの!?」と子どもに問う日々。

 

イライラして怒鳴ったり、勇気づけたり、時には泣いてみたり…

親も狂いそうになりながら、それでも叶わなかった毎日の「登校」。

 

普通の子は、みんな登校してるじゃない。

なんでうちの子だけ、学校に行けないの?

 

そんな不登校の子どもをもつ親に共通する3つのNG対応をご紹介します。

 

 

【NG対応1】不登校の原因を“問いただす”

 

「問いただすなんて、厳しいことしてないわ」と思ったあなた!

もしかしたら、あなたのお子様は「問いただされた」「責められた」と感じているかもしれません。

親にとっては、“ちょっと聞いてみる”“子どもと向かい合って話しをする”というように、子どもに寄り添っているつもりかもしれません。しかし、実際は、親が子どもを心配するあまり「なんで?」「どうして?」と、子どもの一言一言に根ほり葉ほりと追及しているケースが多いのです。

それでなくても、不登校の子どもは不安定なもの。親に問いただされたら、さらに負担になってしまいます。

 

 

【NG対応2】無理やり学校に行かせようとする

 

なんとか学校に行かせようと、親が躍起になる場面は多々見られます。

教室ではなく保健室に登校させる、親が一緒に登校するケースもあれば、仮病を許さない、怒鳴りつける、無理やりでも連れて行くというように強行する場面もあります。

しかし、ほとんどの場合、無理やり登校させても継続できません。

それは、登校する以前に、根本的な深い問題があるから。そこに目をつぶって、臭いものにふたをするような対応はNGです。問題を長引かせるだけでなく、さらに子どもを追い込む事態になりかねません。

 

 

【NG対応3】子どもをつい否定してしまう

 

不登校が続くと、親もイライラしてきます。

これは一般的な反応で、「この先もずっと学校に行けないのかしら?」「このままいったら、進学も就職も難しい」と、かわいいわが子に不安や心配が募るからにほかなりません。

子どもの顔を見るたび、何か言いたくなる…

子どもを最後に褒めてあげたのがいつか思いだせない…

残念ながら、この状態では子どもが自己を肯定したり、認められたと安心できる状態とはいえません。子どもを不本意にも否定してしまっている証拠なのです。

 

 

不登校のわが子をみて、親としては精一杯のサポートをしてあげたいと思うものです。

 

●学校の先生に相談した

●書店で書籍を購入して勉強した

●カウンセラーやセラピストに相談した

●心療内科に行った

 

きっと、色々な方法を試されたでしょう。

 

しかし、うまくいかなかった。

 

では、どうやって解決できるのか?

 

そんな悩める親子のためにご用意したのが「不登校解決キット」です!

この「不登校解決キット」は、大切なお子様とご家族の皆様が不登校を乗り越えるための“道しるべ”です。

本キットは、不登校について解説した「解決手引」と、お子様が書き込みながら自分の不登校を解決するための「戦略ワークブック」がセットになっています。

 

自分の思いを振り返り文字に書き出してみるという、自分と対峙するこの方法は、不登校の解決に有効です。

 

不登校であっても、日々頑張って生きてくれている、それだけでもすばらしいことです。そんなお子様を丸ごと受け止め、認めてあげることで、劣等感の克服や自己肯定感を取り戻し、再登校へと導いていくことができます。

このキットでは、不登校の子どもの心理面とそれに対する親の対応方法なども解説しています。

どうして子どもは親に相談しないのか?

~いじめや不登校の子ども達~

 

 8月の旧盆が過ぎた頃になりちらほらと大人の相談に交じり中高生から、相談とも愚痴とも、 敢えてここでは言いますが遺書ともとれる自傷行為の予告の様なメールが来ます。

 

実際に行動を取ってしまう子が初対面の他人に言う事が極めて稀であったとしても、当然放ってはおけないので、その後親御さんの知らないところでメール、時には電話が始まっていきます。

  

当然親御さんに話す事、相談していく事を前提にして進めて行く訳なのですが、ここに連絡してくる子達は最初は共通して拒みます。

 

それは、今このタイミングでの子供の事を何より【大切に思いプラス思考的な精神論】で包み込んであげる事が裏目に出る。ここに集約されます。

 

中学生高校生のこの時期にただ慰めて欲しいのではなく、感情的に学校に指摘に行く事でもなく、

冷静に解決するために実際にどういう行動をとって(とってくれ)【今後の方向性を示す具体的な案を共に考えてくれ、その上でアドバイスや納得いく行動をとって欲しい】 なのです。

 

振り返れば遠回しの相談らしきものが過去に合った方もいるでしょう。その時にキャッチできていなければ、大概は悪化した状態でお子様の心に潜伏してしまっているのです。

 

子ども達の発するサイレントシグナルにいち早く察知し、その事を十分理解した上で子供たちに接してあげて下さい。

 

 

【解決手引き+戦略ワークブック】キット 学校に行かないんじゃなくて行けないんだよ -戦略的に不登校をやめるー

  • お子様の状況を周りに知られたくない。
  • カウンセリングに抵抗がある。
  • カウンセリングに通う時間と費用を節約したい。

 

  【下記の使い方にもおすすめです。】

  • 中学受験、高校受験への進学先選定の補助に。
  • 卒業後のお子様の進路に関しての道しるべとして。

 

列車移動で例えたり、複雑な理論的要素は徹底的に排除し、少しでも分かりやすく本当に大切な部分を手引書42ページの中に凝縮し、文字間隔を大きくとることで書き込みや、お子様にも読みやすく工夫されています。

 

 

お支払い方法につきましては以下の通りとなっています。

Visa、MasterCard、American Express 安全なStripeカード決済を採用しています。

 

それ以外のお支払い希望のかたは

銀行振込      コンビニ・Pay-easy決済

¥3,600

  • お届け日数:5~7日

メッセージソング Full バージョンはTopページにあります。

【作詞 作曲】         kakkun (K'z music) さん

【ボーカル】    服部愛未 さん

【映像監督】    浦濱司 さん

【イラスト】    AYA さん

【提供】      MelonSyrup さん