解決セット記事掲載


H27年の文部科学省の「学校基本調査」によると不登校の小中学生が12万5000人を超えており、これは平均すると36人に一人が不登校だということになります。いじめ・暴力・その他の理由で学校にいけないということは一部の子供たちがなるのではありません。引きこもり、不眠症、過食や拒食、リストカットや自殺未遂、最悪の場合は自殺までいたりかねません。だからこそ、親御さんにもぜひ見てほしいお勧め書籍をピックアップしました。
親御さんも見て欲しい!12万5000人を超える不登校生に本当に役立つお勧め書籍5ランキング

H27年の文部科学省の「学校基本調査」によると不登校の小中学生が12万5000人を超えており、これは平均すると36人に一人が不登校だということになります。いじめ・暴力・その他の理由で学校にいけないということは一部の子供たちがなるのではありません。引きこもり、不眠症、過食や拒食、リストカットや自殺未遂、最悪の場合は自殺までいたりかねません。だからこそ、親御さんにもぜひ見てほしいお勧め書籍をピックアップしました。

 

記事はこちら   ⇦   ⇨   購入はこちら



トピックス


NEW



不登校への対処




いじめに関する対処




ジュニアカウンセリング宅次郎事務所ご案内




いじめや不登校の対処は的確にそして速やかに。


はじめまして

代表カウンセラーの神澤宅次郎(かんざわたくじろう)です。

不登校での子ども自身も気づかない心の内面把握。

いじめでの加害者や学校や行政対応のリアルタイムでの状況把握。

その中で最適な選択をしメンタル面のケアを行う事が何よりも大切な事と考えております。

・不登校解決

・いじめ問題解決

・提携弁護士と連携して早期な円満解決

・お子様のメンタルカウンセリング

  



【一知半解】情報が溢れている時だからこそ正しい選択がもとめられるのです。

  必要な情報はネットで概ね得られる時代です。

しかし、その得た情報が自身のお子さまに適合するか、

性格、外因状態、家庭環境、学校環境、時期

状況は常に変化します。

1週間前の適切が本日は不適切という事も十分ありえるのです。

 

お子様の負担を取り除くには、一刻も早き行動が望まれます。

対応の仕方によっては、かえって事態の悪化を招いたりすることもあります。

その時の状況に合わせた「的確な判断」「不登校の対処法」「いじめの対処法」それぞれ求められます。

 

ジュニアカウンセリング宅次郎事務所では今迄と違う独自のスキルで問題を解消していきます。